かりべや

まだ定まらない

分かれ道

最近できた友達(年下)の話を聞いていると、

意外と大人で堅実な選択というか、わたしの避けたような選択をしていて。

貧弱な語彙だけどすごいなって思った。

 

やりたいことがとくにあるわけではないけれど、

将来じぶんが後悔しないために今がんばって自分を試している、とそんな話だった。

今やろうとしてることに対する気持ちがそのうち変わるかもしれなくても、

今やらないと将来きっと後悔してしまうだろうから、と。

 

今のわたしがまさに、あのときあっちの道に行っていたらどうなっていただろうか、

今からそっちの道へ行って自分を試すべきなのではないだろうか、

ずっとなにかそんなことが心に引っかかったままで、でも踏ん切りがつかなくて、

といった状況なので

後悔のない選択をしている人を見ると素直にすごいなと思う。

 

もしかしたら選択に誤りなんてものはなくて、

選択してからその選択が正解だったと思えるよう努力すべきなのかもしれない。

自分も一度は今の道を選んだのだからこの道を正解にすべくやりたくなくても

目の前のことをやらなきゃいけないのかもしれない。

なんて考えるけれどこれもまた道を改めることからの逃げなのかな?なんて。

とにかく、今の道を歩き続けるか、分岐点へ引き返すか、

踏ん切りのつかない現状がまた将来の後悔につながってるんじゃないかと思うと

焦りの気持ちがすごい。

人生の分岐点の数だけ人生があればいいのにね〜

でも堅実でつまらない人生にするよりは挑戦して失敗する人生のほうがいいかな。

わかったからごたごたぬかさず挑戦しろやって話だと思う。

 

永久に書き続けてしまいそうなのでこの辺で切り上げる。

関係ないけど自分の書く文章、文末のパターンが貧弱に思う。おやすみ。